FlexiSpotを導入して家の開発環境を改善した話

2019年7月13日 engineering

こんにちは、@kz_morita です。

現在勤めている会社は、すごく働きやすい環境でリモートワークも可能です。 電車はあまり好きでは無いのでできるだけリモートワークをしていきたいのですがそうなると気になってくるのが自宅の開発環境です。 できるだけ自宅でもパフォーマンスを落とさずに気持ちよく働きたいので、以前からずっと良い環境を整えたいと感じていました。

今回思い切ってタイトルにある FlexiSpot を購入したところ、デスク周りがいい感じになってきたのでこの環境について簡単に紹介してみようと思います。

昇降デスクを導入した結果からいうとかなりよい環境ができたのではないかと思います。
後述しますが、今回初めて昇降式のデスクを導入してスタンディングデスクとしても利用していますが、姿勢を時々変えることで集中力が持続しやすくなったと感じているためとても気に入っています。

デスクの部品たち

実際に導入したものを簡単に紹介します。

今回の記事のタイトルにもなっている電動で昇降するデスク (の足) です。

FlexiSpot の E1E シリーズ を購入しました。

FlexiSpot 電動式スタンディングデスク脚 高さ調節 学習机勉強机 ブラック E1EB

昇降式のデスクは以前から欲しくていろいろ調べていたのですが、調べた中では割とコスパがよく、レビューを見ていても割と評判がよかったためこちらを選びました。

他のシリーズもありますが、こちらが一番安価なものとなります。 また、足だけの商品です。

天板

FlexiSpot 専用の天板というものもあるのですが、自分は謎のこだわりがあったためこちらのサイトからオーダーして天板を購入しました。

マルトクショップ

こちらのサイトでは、木材の種類や、大きさ、加工の種類(有無)などを選ぶことができ、カスタマイズの選択肢がとても豊富なのが特徴です。

こちらが実際に届いた木材です。 木材は丈夫とされているタモを選択肢、大きさは 120cm x 65cm としました。

工具

今回購入したものは、FlexiSpot と天板 (木材) なので、組み立てるために電動ドライバーが必要となります。
電動ドライバーは以下のものを購入しました。

ボッシュ(BOSCH) 電動ドライバー コードレス 充電式 LED ライト 正逆転切替 家具の組み立て DIY ビット 10 本 充電器・ケース付 IXO5

上記のドライバーさえあれば組み立ては可能でした。(この電動ドライバーは意外と音が静かでびっくりしました)

組み立て

それでは、組み立てに入りましょう。

FlexiSpot の部品は電動で昇降する用のバッテリーなどが内包されいるためとても重いです。そのため二人以上での作業が推奨されています。

FlexiSpot のダンボールを開けると以下のような部品たちが入っています。

組み立てはパーツがやたら重いことをのぞけばそんなに難しいことはなかったです。
説明書が丁寧なので、ひたすらそれに従いもくもく作業していきます。

なお、かなり重いものをあつかうためゆかにマットなどは敷いたほうが良いかと思います。
先ほどの写真に写っているマットもこの机のためにニトリで購入しました。

天板と足を組み立てると以下のようになります。

ここから、ひっくり返して配線などを整えたらデスクは完成です。

最終的にいかのようなデスク周りになりました。

木目が美しいし、すっきりしていて非常にいい感じなのでは無いでしょうか? (散らかさない様に片付け頑張らねば)

ちなみに、ディスプレイも Dell の 34 インチのワイド曲面ディスプレイを使用していてこちらも気に入っています。

まとめ

デスク環境を新しくしたことで、ここが自分のお気に入りスペースになった結果、必然的に PC に向かってコードを書く時間も増えいろいろ捗っています。

決して安くはない買い物でしたが、自己投資だとおもって思い切って導入して非常によかったです。
これでもう環境は言い訳にできないのでより一層精進していきたいと思います。